当院では、患者さんの健康状態・お口の中の状態全体を診査診断し、特に現在残っているご自分の歯も健康に維持していくために、歯周病の状態にも十分注意して、必要であれば、前もって必要な歯周病治療等を行って、健康なお口の状態になってから、インプラント治療を行っています。また、CTレントゲンを導入し、インプラントシミュレーションソフトを使用して、綿密に手術計画を立てています。メンテナンスもドクター・歯科衛生士が協力して、責任を持って行わせて頂きます。
当院ではインプラント治療を現在、手術料・上部構造製作費込みで奥歯 270,000円~ 前歯 320,000円~で行っています。自費治療を行う方の場合、各種クレジットカードや、スルガ銀行のデンタルローンを使用することも可能です。 また、10万円以上の自費治療費をお支払いの方は、医療費控除を受けることが可能です。 院長・福西は、日本口腔インプラント学会の専修医を取得しました。 他院で行ったインプラント治療のクリーニング・メインテナンスや、セカンドオピニオンも積極的に受け付けます。どんな些細なことでも構いませんので、お気軽にご相談下さい。

インプラント専門治療・相談

福西雅史医師
院長:福西 雅史(ふくにし まさし)

新潟大学歯学部 卒業
新潟大学歯学部 顎顔面口腔外科出身
日本口腔インプラント学会 専修医
日本歯周病学会 認定医
日本顎咬合学会 認定医

所属学会 日本インプラント臨床研究会(正会員)、日本口腔インプラント学会(専修医)、日本歯周病学会(認定医)、日本歯科審美学会日本顎咬合学会(認定医)、日本ヘルスケア歯科研究会(むし歯・歯周病予防) 京セラインプラントプラトンインプラント使用

”第3の新しい歯”でいつまでも健康に!

あなたは、残念ながら、不幸にも大切な歯を失ってしまいました。これから、美味しく食事をすることはできるでしょうか?歯を失ってしまったところはどうしますか?そのままにしておくと、周りの歯が倒れてしまったり、反対側の歯が伸びてきて、噛み合わせが崩れてしまう可能性があります。前歯の場合は、目立ってしまい、人前でお口を開けることをためらってしまうかも知れません。それでは、どうしましょう? 今までは、両側の歯を大きく削って、ブリッジを入れたり、部分入れ歯を入れることが通常の治療法でした。 しかし、新たな第3の治療法・インプラント(人工歯根)を入れることによって、より目立たず美しく、周りの歯も削らず優しく、力強く噛めて健康な、ご自分の歯を取り戻すことができるのです。

インプラントのメリット

  1. 周りの健康な歯を、わざわざ削る必要がない。
  2. 入れ歯のように取り外しをしなくて済む。
  3. 入れ歯に比べて違和感が少ない。
  4. 噛む力や食感が天然の自分の歯に近い。
  5. ブリッジや入れ歯に比べて、審美性が高く、美しい。

インプラントのデメリット

  1. 外科的な手術が必要になる。
  2. インプラントを安定させるために、十分な厚さや高さの骨が必要である。
  3. 骨の状態や全身の体の状態によっては、行うことができない場合もある。
  4. 治療期間が長期になることがある。
  5. インプラントを長期に安定させるためには、注意深い自己管理・定期検診・メインテナンスが必要になる。
  6. 保険治療がきかないので、高額な治療費が必要になる。

インプラントの構造


上部構造(人工の歯) 人工歯根の上に被せる歯の部分。アバットメント(支台部分・連結装置) フィクスチャーと上部構造を連結するための支台となる部分。フィクスチャー(インプラント体・人工歯根) インプラント体と歯槽骨は、完全にがっちりと直接結合し固定されます。これを、オッセオインテグレーション(骨結合)と言います。歯槽骨(顎の骨) インプラントを長期に安定させるためには、十分な厚さや高さを持った骨が必要です。十分な骨がない場合は、骨を増やす処置(骨移植やGBRなど)が必要になることもあります。

インプラント治療の流れ

1問診

患者さんの主訴・全身状態・ご希望などを丁寧に問診します。

2診査・診断

インプラント治療に際しての必要な検査を行います。CT撮影も当院で行います。 (口腔内写真撮影、レントゲン・CT撮影、むし歯・歯周病検査、咬み合わせ・歯ぎしり検査など)

3治療計画

インプラント治療に先立って、レントゲンやCTのデータから、インプラントシミュレーションソフトを使用して、治療計画を立て、患者さんと十分に話し合います。

4術前処置

インプラント治療を行う前に、必要なむし歯・歯周病・噛み合わせなどについて治療を行い、お口の中を安定した状態に維持します。

5インプラント埋入手術(一次手術)

フィクスチャー(インプラント体)を顎の骨に埋め込むための手術です。同時に骨を増やす処置(骨移植やGBRなど)が必要になることもあります。

6治癒期間(必要に応じて仮歯の制作)

埋入したフィクスチャー(インプラント体)が顎の骨と完全に結合(オッセオインテグレーション)し、安定するまで、3~6か月程度様子をみます。

7アバットメントの連結(必要に応じて二次手術)

上部構造(人工の歯)の支台となるアバットメントを連結します。この時、歯ぐきの形を整えるための手術(二次手術)が必要になることもあります。

8上部構造の装着(上部構造制作のための型取り)

上部構造(人工の歯)をアバットメントや周りの歯の形に合わせて、選択し、注意深く制作します。そして、噛み合わせの状態に十分に注意して被せます。

9メンテナンス

インプラントの状態を長期にわたって、維持・安定させるために、患者さんと一緒に予防プランを考え、頑張っていきましょう。(1~6ヶ月毎の定期検診と予防処置。)

インプラント治療の症例写真

症例1 右下の奥歯1本にインプラント治療を行った症例(40代男性)

 impobefore1 »  imposet1

症例2  右上の奥歯1本の欠損に、ブリッジを行わずにインプラント治療を行った症例(30代男性)

 4679before2 »  4679after2

症例3  左上の前歯1本が折れてしまい、抜歯を行い、審美的にインプラント治療を行った症例(50代女性)

FM様術前3  »  FM様術後3

症例4  左上の奥歯1本を残すことが不可能で、抜歯を行い、インプラント治療を行った症例(50代女性)

7948before1  »  7948after1

症例5 右下の奥歯2本を失ってしまい、ブリッジや部分入れ歯を行わずに、インプラント治療を行った症例(30代男性)

4869before2  »  4869after2

症例6 右上の奥歯2本の欠損に、インプラント治療を行った症例(50代男性)

2589before  »  2589after

症例7 左右下顎の奥歯を失ってしまい、入れ歯を入れていたが、使いづらいので、思い切ってインプラント治療を行った症例(50代男性)

4799before2  »  4799after2

症例8 左上に1本残っていた奥歯も失い、総入れ歯を入れずに、上顎全体にインプラントで固定式のブリッジを入れた症例(40代女性)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  »  1532after

症例9 右下の奥歯2本を失い、入れ歯やブリッジを選択せず、インプラント治療を行った症例(50代女性)

KHbefore1  »  KHafter1

症例10 左上の前歯が折れてしまい、周りの歯を削ってブリッジを入れることを選択せずに、審美的にインプラント治療を行った症例(50代女性)

YS2  »  YSSET3