歯の健康を考え、できるだけ ・痛みがない・歯を削らない・歯の神経を取らない・歯を抜かない をモットーに治療を行っています。

当院の診療方針

  • 患者さんのことを第一に考えた治療
  • 十分な説明と納得の上での治療
  • 痛みを伴わない治療
  • できるだけ
    • 歯を削らない
    • 歯の神経を取らない
    • 歯を抜かない
  • 明確な治療費

皆さま、8020運動というものがあるのをご存知でしょうか?

“80歳で20本の健康な歯を残そう”と言う運動です。
しかし、実際日本全国の平均では、80歳の方では、健康な自分の歯は、
約7本しかないというのが実情です。
どうして、このような状態になってしまうのでしょうか?

歯がなくなるのは、老化現象でしょうがないのでしょうか?

そのようなことは決してありません。答えは簡単です。

歯を残すための予防を行っていないからです。
予防を行わずに、悪くなってからの治療の繰り返しで、
結局は自分の歯を駄目にしてしまっているのです。

人間の1本の歯を治療できるのは、合計5回までだと言われています。
1回削った歯は、皮膚や骨と違って、もう同じ状態には治りません。
1回取った神経は、1回抜いた歯は、もう二度と戻ってきません。
被せ物や入れ歯などの人工的なもので置き換えているだけです。
また、1回しっかり治療したら、もうそれで大丈夫ではありません。
神経を取った歯は、栄養分がなくなるので脆く、折れやすくなります。
また被せた歯は、その後の歯磨きやお手入れの状態が良くなければ、
すぐにまたむし歯や歯周病になってしまいます。
悪くなってからの治療の繰り返しで、どんどん歯は削られて、
悪くなっていってしまうのです。

そこで当院では、皆さまがいつまでもご自分の歯を持ち続けられるように、
悪くなる前の、日頃からの定期検診・歯のクリーニングをお勧めしています。